About the Program | Meet Our Sponsors | Application & Criteria | F.A.Q.

apply

About the Program

Following a highly successful second year, Ronin Gallery and Globus Washitsu are excited to announce the next Ronin | Globus Artist-in-Residence Program is scheduled for May 2018. Open to Japanese artists, this annual program seeks to stimulate cross-cultural dialogue by providing the opportunity for Japanese visual artists to live, work and exhibit in New York City. The selected Artist-in-Residence will be the featured artist in Ronin Gallery’s exhibition, Contemporary Talents of Japan. In addition, they will receive a two to three week stay at Globus Washitsu in central Manhattan, a $1000 cash stipend, and a round-trip ticket between Tokyo and NYC. There will be recognition of first and second runners up. A portion of the exhibition proceeds will be donated to the Brooklyn Botanic Garden.

Submissions will be accepted through February 15, 2018, and should include an updated resume, artist statement (no more than half of a page), and images of four to five works of art (in JPEG format). All works submitted to the program must be available to exhibit in May, 2018. A blinded, prestigious panel will determine the winner and finalists for this residency. Judges are selected to reflect a diversity of viewpoints and opinions. The 2018 panel consists of museum curators, individual collectors, philanthropists, and experts on Japanese art. All possess extensive experience or education in the field paired with a sensitivity to the pulse of the contemporary Japanese art scene. They will select a winner based on three criteria: artistic excellence, clarity of concept, and originality in interpretation of theme. 

Kacho Fugetsu

In Japanese, the term “kacho fugetsu” consists of the kanji for “flower,” “bird,” “wind” and “moon,” and it refers to “the beauties of nature.” The most exquisite expressions of Japanese culture have been rooted in a profound love and respect for the natural world. The tradition of katchofugetsu, which is most simply the depiction of flora and fauna during the four seasons, has a long visual and literary history that extends into the contemporary moment. The theme of this years program invites artists to re-interpret this concept in a contemporary view.

Applicants can choose to interpret this theme anyway they see fit. Selections will be based of the following criteria:
  1. Artistic excellence
  2. Originality in interpretation of theme
  3. Clarity of concept

Meet Our Sponsors

Ronin Gallery Logo

GALLERY SPONSOR
The Ronin Gallery is a leading family-owned Japanese and East Asian art gallery in New York City and home to the largest private collection of 17th – 21st Century Japanese prints for sale in the United States. Founded in 1975 in the Explorers Club Mansion of New York City, the gallery is now located on Madison Avenue and 49th Street.

Globus Logo

RESIDENCE SPONSOR
The Globus Brothers (Ron, Ric and Steve) have long been associated with cultural interchange between Japan and United States. They have sponsored events at eminent institutions including Japan Society and Asia Society. Their scope spans dance, theater, cinema, art, craft, and performance groups. Globus Washitsu is a venue to spark the expression, knowledge, and wonderment that arise from dialogue between Japan and the United States.

Spoon and Tamago Logo

MEDIA SPONSOR
Spoon & Tamago is a Japanese arts and culture blog that spans the categories of fine art and architecture to product and graphic design. It was founded in 2007 as a means of attracting international attention to the Japanese art and design scene, and is currently based out of New York City and Tokyo.

Brooklyn Botanical Garden Logo

CHARITABLE BENEFICIARY
Brooklyn Botanic Garden is an urban botanic garden that connects people to the world of plants, fostering delight and curiosity while inspiring an appreciation and sense of stewardship of the environment. In the Garden, in its community, and well beyond, BBG inspires people of all ages through the conservation, display, and enjoyment of plants; with educational programs that emphasize learning by doing; and with research focused on understanding and conserving regional plants and plant communities.

Application & Criteria

Submissions will be accepted through February 15, 2018, 11:59 pm EST. Please include an updated resume, artist statement (no more than half of a page), and five works of art (in JPEG format with corresponding list of suggested pricing). All submitted artwork must be available to be sent to New York. Artist statement should present a conceptual basis for work and practice, as well as how your work fits into the annual theme. Deliberations will be made during the month of April and finalists (winner, 1st runner up, 2nd runner up) will be announced in early March. The Ronin/Globus Artist-in-Residence program has the right to photograph and publish submitted work for its website, catalogue, e-book, magazine, or advertising and promotional material.

The Ronin/Globus Artist-in-Residence program is designed to nurture emerging artists who would benefit from the facilities, financial support, and international exposure of this initiative. While the artist is not required to complete new work during their residency, they are expected to fully engage with New York City in a manner that will aid their artistic development. In addition, the artist is required to attend program receptions at both Ronin Gallery and Globus Washitsu. English language ability is preferred, but it is not required.

F.A.Q.

Why only Japanese artists working in Japan?
While many international residency programs bring artists to the United States, there are few opportunities specifically for Japanese artists. For the past 40 years, Ronin Gallery has focused on bringing the best of Japanese prints to New York City. In keeping with this tradition, Ronin Gallery seeks to nurture and promote the most exciting talents in contemporary Japanese art. The Globus family has a singular focus on supporting Japanese culture. This program reinforces this focus by promoting Japanese art in the United States.

Do you provide travel visas?
No, though the Ronin/Globus Artist-in-Residence program will provide an official letter of invitation to be used for appropriate travel documents.

Who is responsible for the transport of the art?
The artist is responsible for shipping the art to the Ronin Gallery and all Japanese import and export duties. The program will fully cover the return of art to Japan and all U.S. import and export duties.

Are artist’s materials included?
We do not provide materials, but the $1000 stipend can be used for this purpose.

Jury Team

Yukie Kamiya
Director of Japan Society Gallery

Tan Boon Hui
Director of the Asia Society Museum

Katsura Yamaguchi
Senior vice president and international director of Japanese and Korean Art at Christie's New York

Miwako Tezuka
Consulting curator for Reversible Destiny Foundation, Co-director of PoNJA-GenKon

Johnny Strategy
Founder and editor of Spoon & Tamago Japanese arts and culture blog

Yasuko Harris
Former gallery director at Honjo Gallery in Tokyo, Japan

Nachi Das
Art collector and capital market executive

Mary Ann Roos
Art collector and philanthropist
 

Program Ambassadors

Kouji Hayashi
Sato Sakura Museum, Manager

Hiroko Ishinabe
One Piece Club, Founder

Everett Brown
Japanese culture promoter, writer and photographer

Oz Yamaguchi Keisuke
2016 Ronin | Globus Artist in Residence

Kyoko Sato
Independent Curator, Art Consultant

Joji Mita
Global Art Management Advisor



apply

 

本プログラムについて

ローニン・ギャラリーとグローバス和室は、ここにローニン/グローバス・アーティスト・イン・レジデンス・プログラムを発表させていただくことを大変嬉しく思います。この年間プログラムは、日本のヴィジュアル・アートの先駆者たちを通じた異文化間対話の活性化を模索するものです。紙上に作品を創り上げる日本人のアーティストに向けて開かれたこの機会では、住居と、畳敷きのスタジオ・スペースと、そしてローニン・ギャラリーで開催される「日本における現代美術の才能」展に出品するチャンスを提供いたします。見事選ばれた優勝者のアーティストは、ローニン・ギャラリーの夏の展覧会、「Contemporary Talents of Japan」展で注目のアーティストとして取り上げられ、更にマンハッタンの中心にあるグローバス和室での2週間の滞在と1,000ドルの奨学金、そして東京-ニューヨーク間の往復航空券が貰えます。また、入賞者の表彰もあります。展覧会のオープニング・レセプションはローニン・ギャラリーが催し、グローバス和室では懇親会が行われます。展覧会での利益の3分の1はアーティストに、もう3分の1は、ブルックリンボタニカルガーデン に寄付されます。一流の審査員が研修プログラムのファイナリストを決定します。審査員たちは、多様な視点や意見を反映させられるよう鋭意選抜します。審査員はこの分野における幅広い経験や教育の持ち主で、現代日本のアート・シーンの動向に関する鋭い感性を併せ持っています。

花鳥風月:The Beauties of Nature

今年のロ—ニン/グロ—バス・ア—ティスト・イン・レジデンス・プログラムの テーマは、粋です。粋のコンセプトは、文化のなかに秘められた美です。夏の着物の薄い生地には、徳川時代(1603−1868)の江戸の商人階級社会の美的感覚が垣間見えます。
粋は、シンプルで独創性が豊富な江戸の真義、そして、ロマンチックでもあります。
粋については、1930年に出版された九鬼周造の“いきの構造”の論文で述べられています。粋の現象は洗練された表現であると主張しています。何世紀にもわたり、 強力な コンセプトとして進化し続けてきました。粋は建築から習慣、江戸の街並みから近代的な東京まで、 想像力、明快さ、スタイルに結びついた日本の美的理想を追求しています。 応募者は、このテーマを表現するのにふさわしいと思われる任意の手法で作品を創ってください。選考基準は以下の通りです。。
  1. 芸術性
  2. 独創性
  3. コンセプトのわかりやすさ

スポンサー紹介

Ronin Gallery Logo

GALLERY SPONSOR
ローニン・ギャラリーは、日本および東アジアを専門とするニューヨーク有数の家族経営のアート・ギャラリーで、17~21世紀にかけての日本の版画の米国最大のプライベート・コレクションの販売をやっています。1975年、ニューヨークのエクスプロアラーズ・クラブ・マンションで創業し、現在はマディソン・アヴェニューと49丁目の角にあります。

Globus Logo

RESIDENCE SPONSOR
グローバス・ブラザーズ(ロン、リック、スティーブ)は、長年にわたって日米の文化交流に携わっており、ジャパン・ソサエティおよびアジア・ソサエティを含む著名な団体の数々のイベントを支援しています。その範囲は広く、ダンス、演劇、映画、アート、クラフト、そしてパフォーマンス・グループにまで及びます。グローバス和室は、日米の対話から生まれる表現、知識、そして驚きを誘発する場です。

Spoon and Tamago Logo

MEDIA SPONSOR
スプーン&タマゴは日本の芸術文化に関するブログで、美術品や建築から工業製品そしてグラフィック・デザインまで幅広い範囲を扱っています。日本のアート・シーンやデザイン・シーンに国際的な注目を集めるための手段として2007年に創設され、現在はニューヨークと東京に拠点を置いています。

Brooklyn Botanical Garden Logo

CHARITABLE BENEFICIARY
1907年に設立されたジャパンソサエティ日本協会は、世界の指導者、芸術家、学者、教育者、 多分野の拠点であり、1971年以来、 古典的な仏教の彫刻や書道、現代の写真や陶器など、さまざまなトピックを取り上げ、日本の美術と文化を紹介している米国でも有数機関です。

応募と条件

こちらの申し込みサイトに提出してください。期限は2月15日深夜12時(東部標準時)までです。最新の履歴書、アーティストからのメッセージ(半ページを超えない範囲)、作品4-5点(JPEGフォーマットのもの、対応する希望価格リストを添付すること)を送ってください。アーティストからのメッセージは、作品と実践における概念的基礎とともに、作品がいかに今年のテーマと合っているかを示すものでなければなりません。 2018年3月にファイナリスト(入賞者、2位、3位)が発表される予定です。ローニン/グローバス・アーティスト・イン・レジデンス・プログラムは、ウェブサイト/カタログ/電子ブック/雑誌/広報宣伝材料のため、ファイナリストの作品の写真撮影並びに出版の権利を有します。 ローニン/グローバス・アーティスト・イン・レジデンス・プログラムは、本イニシアチブの施設や資金援助、あるいは国際的な露出による恩恵を受ける新進気鋭のアーティストを育てるべく考案されたものです。アーティストは滞在中に新しい作品を仕上げる必要はありませんが、自らの芸術上の進歩の助けとなるような形でニューヨークと深くかかわることを期待されます。さらに、ローニン・ギャラリーおよびグローバス和室でレセプションが予定されています。英語は出来るに越したことはありませんが、必要条件ではありません。 。

よくある質問

なぜ日本で活動する日本人だけなのですか?
アーティストを米国に招く国際的な滞在型プログラムは数多くありますが、特別に日本のために、という機会はあまりありません。この40年間、ローニン・ギャラリーは最良の日本の版画をニューヨークに持ってくることに力を注いできました。この伝統に則り、ローニン・ギャラリーは現代日本のアートにおける最も優れた才能を育て、そして後押ししていきたいと考えているからです。グローバス・ファミリーは一貫して日本文化の支援に務めてきました。本プログラムは、米国における日本のアートを奨励することによってこの点を強化するためです。

ビザは用意してもらえますか?
いいえ。ただし、ローニン/グローバス・アーティスト・イン・レジデンス・プログラムでは適切な渡航文書取得のための正式な招待状をお出しします。

作品の輸送には誰が責任を持つのですか?
ローニン・ギャラリーへの作品の発送は、全てアーティスト本人が責任を負い、作品の日本への返送は本プログラムが責任を負います。日本の輸出入税はアーティスト本人、米国の輸出入税は本プログラムが支払います。

アーティストの材料費は含まれますか?
材料の提供はしませんが、ニューヨーク滞在中の奨学金1,000ドルをこれに充てることができます。

審査員

Yukie Kamiya
Director of Japan Society Gallery

Tan Boon Hui
Director of the Asia Society Museum

Katsura Yamaguchi
Senior vice president and international director of Japanese and Korean Art at Christie's New York

Miwako Tezuka
Consulting curator for Reversible Destiny Foundation, Co-director of PoNJA-GenKon

Johnny Strategy
Founder and editor of Spoon & Tamago Japanese arts and culture blog

Yasuko Harris
Former gallery director at Honjo Gallery in Tokyo, Japan

Nachi Das
Art collector and capital market executive

Mary Ann Roos
Art collector and philanthropist

プログラム大使

Kouji Hayashi
Sato Sakura Museum, Manager

Hiroko Ishinabe
One Piece Club, Founder

Everett Brown
Japanese culture promoter, writer and photographer

Oz Yamaguchi Keisuke
2016 Ronin | Globus Artist in Residence

Kyoko Sato
Independent Curator, Art Consultant

Joji Mita
Global Art Management Advisor



apply